マーフィーの法則というものをご存知でしょうか。

流行ったのはけっこう昔ではありますが

簡単に言ってしまえば、あるあるネタのようなものです。

 

「失敗する余地があるなら、失敗する」

という法則性に基づいて日常生活で起こりうる

「意図したこととは反対の結果になってしまう」法則をまとめたものですね。

 

「食パンを落とすと必ずバターが付いているほうが下」

などという事例が有名でしょう。

 

もっと分かりやすい例えでは、

「傘を持ち歩いているときに限って雨が降らない」

という日常に即した例もあります。

 

例えばこれをパチスロに当てはめると

「勝とうとしたときに限って勝てない」ということになってしまいます。

実際、私を含めてこのフレーズに頷いた人は多いでしょう。

 

「フリーズよ起これ、GODよ揃え」なんて思っているときに

それが現実となってくれた経験がどれくらいあるでしょうか?

フリーズを引ける時って、それらを意識していない時がほとんどじゃありませんか?

 

しかし、ここで今一度先ほどの文章を思い返してみてください。

「失敗する余地があるなら、失敗する」

これがマーフィーの法則の基本ですが、

 

実はそれ以前に「起こる可能性のあることは、いつか実際に起こる」

という基本理念が存在しています。

 

これが発展したのが一般的なマーフィーの法則なわけですが

この文章、何か引っかかりませんか?

 

先ほどの文章を言い換えると

「低確率でも、いつか実際に起こる」という意味になりますよね。

 

つまり、ある意味ではマーフィーの法則は引けないどころか

プレミア級のフラグを引けることを保証する法則だと言えるのです!

 

そこで今回は、マーフィーの法則の後押しを受けて

バジリスク絆のフリーズについて語ろうと思うのです。

 

バジリスク絆のフリーズは必ず引ける!?


出典:http://www.slot-rush.com

 

バジリスク絆において最大のプレミアフラグであるフリーズ。

その確率は実に、約1/50400というとんでもない確率となっています。

 

これならマーフィーの法則に関係なく引けないのも無理はありませんが、

その割には他人が打っている台で目にしたことは多いでしょう。

 

これは単に私や貴方がヒキ弱というわけではなく、

単に自分とその他多数という状況の数字上のマジックにしかすぎません。

 

そしてマーフィーの法則によればいつかは引けることが確定しています。

つまり、いつ自分にその出番が回ってきてもおかしくはないのです。

 

なのでもしフリーズを引いたことない、なんて方も安心してください。

バジリスク絆を打ち続けていればいつかはその日がやってくるのですから。

 

それがいつなのかはまさに神のみぞ知る、というところですが

ひょっとしたらそれは明日、ひょっとしたら今日かもしれません。

何せ、自他ともにヒキ弱を自認する私ですら引いたことがあるのですからね!

 

バジリスク絆のフリーズが起きる条件とは


出典:http://www.slopachi-quest.com

 

さて、「敵を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉がありますね。

もっともパチスロの場合は解析をいくら知っていても負けるときは負けるのですが、

 

それでも台の解析を知っていることはやはり重要です。

なのでバジリスク絆のフリーズが発生する条件について確認してみましょう。

 

以上のように1/50400のフリーズは4つのフラグによって抽選されています。

中でもメイン契機であるのは1/65535であるプレミアムリプレイで、

これさえ引けば一発でフリーズが発生します。

 

確率的にもフリーズ=プレミアムリプレイと言っても過言ではないでしょう。

ただ他にも、共通ベル、強チェリー、チャンス目でごく低確率ながらも可能性があり、

実際私も、他人の台ながら強チェリー後にフリーズが発生したのを見たことがあります。

強チェリー後は少しだけフリーズを意識してレバーオンしてもいいかもしれませんね。

 

フリーズの恩恵


出典:http://slot-maxbet.com

 

さて、これらの高いハードルを乗り越えてようやくフリーズを引いた後に

気になるのはその恩恵ですよね。

 

フリーズが発生するとまずPBC(プレミアムバジリスクチャンス)が確定します。

そしてPBCを消化した後に、BTが発動するのですが

 

フリーズの最大の恩恵はまさにここからなのです。

 

フリーズが発生すると、上記のように66%か80%の継続率と

祝言モードのストックが最大2まで確定します。

 

せっかくのフリーズなので80%+祝言モードストック2を無条件で欲しいところですが

無いものねだりをしても仕方がありません。

 

というか祝言モードそのものの継続期待度が80%もあるため、

もしも66%継続+祝言モード1ストックが選ばれたとしても期待度は高いはずなのです。

ちなみに私の友人は1000枚も出せませんでした……が高いはずなのです!

 

フリーズを引いた場合の期待値はこれだ!


出典:http://www.vp-arena.net

 

さて、実際にバジリスク絆でフリーズを引いた場合の期待値です。

 

設定によって期待値に差があるのは当然としても、

それでも全設定共通で4000枚前後の期待値があることになります。

しかし、実はこの期待値というものがクセモノなのです。

 

フリーズの実状?


出典:http://decoc.jp

 

確かに絆のフリーズは強力ですが、4000枚も出せるのかと言われると

正直自信はありませんね。

 

友人の例を出さずとも、2000枚出せれば御の字ですらあるかもしれません。

それも当然の話しで、この期待値というものは全ての可能性を含めた話なのです。

 

例えばフリーズを引いて、真瞳術まで引いて乗せまくって万枚出した!

なんて人がいるとしましょう。

 

片や、せっかくフリーズを引いたはいいものの祝言モードをBCさえ引くことなく

落ちて残りのループもすぐに落ちて500枚くらいだった友人がいます(しつこい)。

 

この2人枚数に大きな差はあれど、フリーズを引いたという点では共通していますね。

そう、フリーズを引いた中でもさらなるヒキ強の存在によって

期待値の全体的な数値が底上げされているのです。

 

ハッキリと言ってしまえば、フリーズを引いた時点で確定しているのは

PBCと祝言モード1つと66%以上の継続率だけなわけで、

最悪のケースを考えればPBC+2連で終了というケースさえあり得ます。

その場合、1000枚どころか500枚に届いているかどうかさえ怪しいのですよ。

 

フリーズに期待しすぎないことがコツ


出典:http://53labo.net

 

さて、なんでこんな暗い話ばかりしているのかと言うと、

期待しすぎて出なかった場合よりも

期待しなくて出た場合のほうがよっぽど嬉しいと思いませんか?

 

加えて出なかった場合は、やはり期待しすぎない方が傷口が浅くて済みます。

まあ、フリーズに期待するなという方が無理なのは重々承知ですけれども。

 

期待して期待通りに毎回出せる、というのはマンガの中のキャラクターだけです。

ペルソナ4のフリーズ(93%継続確定)を

単発で終わらせた私が言うのだから間違いありませんよ!

 

フリーズ後のヤメ時は?


出典:http://www.yukondo.net

 

さて、皆さんがフリーズで大量のコインをゲットした後のお話です。

期待値である4000枚やあるいは万枚なんか出ちゃったりしているかもしれませんが、

どんなケースでもヤメ時も重要です。

フリーズでコインを出しても、全てではないにせよ飲まれれば興ざめですからね。

 

とはいえフリーズ後だからといって特別なヤメ時はないのであります。

例えフリーズ契機であったとしても、モード移行は通常通り行われますので。

 

大勝ちに気をよくして即ヤメするのもひとつの手ではありますが、

モード示唆の結果によっては早い引き戻しが見込める場合も十分あります。

 

またフリーズ自体には設定差はあまりないので、

設定狙いをしているならばそのまま打ち続けるのも良いでしょう。

 

もっとも、フリーズの後の一番楽しみは

大量のコインでヤメ時を気にせずに打ち続けて余韻に浸ることかもしれませんね。

YouTubeにパチスロの動画をアップしている人が収入を得ているって知っていましたか?

パチスロ動画に限らず、YouTubeに動画をアップすることで収入を得ることができます。

パチスロで負け続けているのであれば、リスク0から始められるYouTubeで稼ぐ方法を試してみるのもいいかもしれません。

すでに、YouTubeで月に数万~100万円以上稼いでいる人も続出しているようです。

詳しくはこちらを確認↓↓↓
⇒ YouTubeを使って月100万円以上の収入を得る方法