今のご時勢、ホールの設置機種を見て何が打ちたいですか?

新基準でも人気のある番長3や、G1倶楽部などを打つのも悪くないですが

やっぱり残っている以上はバジリスク絆を打ちたくなりますよね。

 

さてバジリスク絆を打つとして、様々な狙い方があります。

単純に設定狙いに、高モード狙い、あるいは天井狙いなど攻め方は様々です。

 

もちろん高設定、出来れば設定6に座れることが一番理想的なのは当然です、

もっとも、今や誰しもが狙う絆の高設定台をそう簡単に掴めるものではありませんね。

 

それでも地道に、強い日などを狙って絆に座り設定判別をするのが常道ではありますが

ちまちま設定判別をするよりも、完全勝利やフリーズなどを契機に爆発させたい!

……と思うのは決して私だけではないでしょう。

 

特に完全勝利はフリーズと比べればまだ引きやすい部類ではあり

恩恵こそフリーズに劣るものの、爆発の契機となるだけの価値は十分にあります。

 

しかしフリーズと比べると完全勝利における設定差という部分については

あまり他でも語られることの少ない要素だと思いませんか?

 

そこで今回は、バジリスク絆における設定と完全勝利の関係性について

お話しようかと思います。

甲賀10人状態は設定差無し?!


出典:http://medicalslotter.com

実際のところ「完全勝利の設定差」については、案外ややこしい話になります。

まず完全勝利の契機となる甲賀側が10人揃っている状態

この時点でBT継続は確定ですが、完全勝利としてはこれがスタートラインです。

 

さてこの状態は一般的に「甲賀10人状態」と呼称し、

なんと設定や継続率などに関係なく、BT継続時の1%で選択されます。

 

なので、BT中の甲賀10人状態の選択率についてのみ断言するならば

設定差は存在していないのです。

 

つまりヒキ勝負ということになりますね。

もっとも、私のようなヒキ弱には辛い話ですが。

完全勝利には設定差があるのか!?


出典:http://medicalslotter.com

さて、甲賀10人状態の選択率には設定差がありませんが

かといって完全勝利には設定差がない、と決め付けるのは早計というもの。

 

プレミアフラグは、全設定不問の方が個人的にはまだ引ける気がするのですが

どうやらそういうわけでもないようです。

 

とりあえず、ここで完全勝利に至る条件を整理してみましょう。

まずどんな形であれ、BTに突入していることが最低条件であり

 

そこからさらに、BT継続時の1%で甲賀10人状態が選択され

そして弾正が健在なうちにBCに当選させるか、彼1人で天膳まで倒す必要があります。

 

つまり、完全勝利までの流れにおいて

何はなくともまずはBTに突入していることが最低条件なのです。

つまり、これが完全勝利には設定差がある、という根拠なのです。

 

完全勝利に設定差がある根拠


出典:http://basiliskkizuna.net

先ほど「完全勝利には設定差がある」と結論付けましたが、

中には「完全勝利には設定差はない」と考える人もおられるようです。

 

その根拠として、BT中のBC当選率に設定差がないことを挙げられているようですが

残念ながらこれは根拠としては早計であると言わざるを得ません。

 

先ほども述べたように、完全勝利のためにはBTに当選している必要があります。

これはつまり、BTに突入しやすい高設定ほど完全勝利を達成しやすい

という逆説的な証明にもなるのです。

 

このようにフリーズのようにタイミング問わず抽選を行っているフラグではないので、

結果的には、「完全勝利は設定差が存在する」と言えるのですね。

 

ただし、それを確率で表現することは残念ながら難しいでしょう。

BT突入率自体は完全勝利を表すものではなく、完全勝利へと至る条件も

展開によって左右されやすいため、単純に数値化するのは難しいのです。

 

なので、完全勝利の設定差は高設定ほどチャンスが多い。

という理解でよろしいのではないでしょうか。

 

何だかざっくばらんで申し訳ありません。

YouTubeにパチスロの動画をアップしている人が収入を得ているって知っていましたか?

パチスロ動画に限らず、YouTubeに動画をアップすることで収入を得ることができます。

パチスロで負け続けているのであれば、リスク0から始められるYouTubeで稼ぐ方法を試してみるのもいいかもしれません。

すでに、YouTubeで月に数万~100万円以上稼いでいる人も続出しているようです。

詳しくはこちらを確認↓↓↓
⇒ YouTubeを使って月100万円以上の収入を得る方法